豆知識

大人ニキビを悪化させる、避けた方が良い食べ物

投稿日:

「大人ニキビ対策」によかれと思い、フルーツを沢山とっていた時期があります。朝食に、オレンジ、バナナ、リンゴ、キウイフルーツ、イチゴなど。

毎日食べることで大人ニキビを悪化させていたことがわかり、無知でニキビを悪化させることもあるんだなと反省中。

フルーツ美容が良いとSNSで見たことをきっかけに、数年間毎朝数種類のフルーツを食べてました。

ある時、パーソナルトレーナーの方に食事制限をされ(朝に採る糖分は、果糖ではなくぶどう糖を採ること)フルーツを採ることをやめてみると、みるみるうちに体重がダウンしたのと、大きなこもりニキビが出来にくくなりお肌のキメが整ってきました。

ちなみに、果物の多くは、100g当たり10〜20gの糖質を含み、レモンやグレープフルーツでも100g当たり8〜10gの糖質を含んでいるといわれています。

リンゴやブドウは100g当たり10g以上の糖質を含み、バナナは100g当たり20g以上の糖質を含んでいるので食べすぎには要注意!特に大人ニキビで悩んでいる方は、糖質(特に果糖は)なるべく避けること。

朝食には、茶わん1杯分のご飯とお味噌汁(わかめ・キノコ・豆腐)が入っているようなものが理想です。

サツマイモやジャガイモなどのイモ類は、糖質が多いのでなるべく避けた方が良いです。

朝食と昼食の間を6時間の空腹時間をつくることで、ダイエットにもつながります。お昼なら茶わん1杯半くらいのお米を食べても問題ないです。果糖ではなくぶどう糖を採ることが大切です。

この生活を3か月続けると、こもりにきびは少しずつ減っていき、気が付けばニキビ跡が気になるくらいになってきます。

もちろん個人差はあるかと思いますが、大人ニキビに悩んでいる方、ぜひ一度、糖質の摂取の仕方を見直すと良いかもしれません。

少しでも大人ニキビに悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

 

-豆知識
-, ,

Copyright© 大人ニキビナビ , 2019 All Rights Reserved.